引きこもり夫婦の家の話

平日は会社、休日は家に引きこもっている夫婦の家や生活のお話です。

ダスキンのハウスクリーニング *エアコン編*

f:id:el-1989:20200729092648j:plain
こんにちは、エルです。

ダスキンにハウスクリーニングを依頼しました』で予定していたハウスクリーニング作業が完了しましたので、作業前、作業後の様子について書いていこうと思います。

依頼した作業個所が多く、複数人で同時に作業されていましたので、実際の作業の様子については見れていない所もありますが、

  1. 作業対象の材質を確認し、薬液メインで傷がつかないように掃除をする
  2. 汚れが落ちなかった場合、どの薬液(酸性、中性、アルカリ性等)を使い、どのように掃除したか、これ以上掃除する際のリスクを説明したうえで、続けるかを依頼者に確認する

を、基本として掃除されているように感じました。

また、(トイレ、エアコン、レンジフード等)作業対象の機種を事前に確認して行われていたので、壊されるというような心配はなかったかと思います。
※別の個所の掃除時に少しアクシデントがありましたが、それはまた後日に。対応はしっかりしていただいたので、問題はないです。

それでは、今回はエアコンについて書いていきます。

約4年間休みなしだったリビングのエアコン

f:id:el-1989:20200729092636j:plain
ダイキンのうるさら7 Rシリーズのエアコンになります。
エアコンといえばダイキンでしょうということで、施主支給で取り付け費用のみ支払い、引き渡し時に取り付けてもらったエアコンです。

ネコを飼っているため夏はもちろんのこと、冬も常に24時間つけっぱなしで、フィルターの掃除は気が向いたら程度、ここ1年はまったくしたことがなかったのではないかなと思います。
今年の冬に一度ドレインホースが詰まってしまい、屋外へ水を排出できない状態となったため、水漏れが発生したことがありました。

においこそしませんでしたが、そのせいでパッと見てもわかるぐらいカビが生えていることが確認できます・・・

また、ついつい面倒になってしまい、年中稼働させているにもかかわらず、フィルターのお手入れをサボっていました。
外からは見えませんが、埃もすごいことになっています。

エアコンを分解したときの様子

f:id:el-1989:20200729092632j:plain
覚悟はしていましたが、外枠が外されたエアコン内部は埃だらけで、大変な状態になっていました。
ネットでよく見る埃まみれのエアコンのそれです。
思わず苦笑いしてしまいました。。。


f:id:el-1989:20200729092627j:plain
吹き出し口です。
水が溜まったこともあり、内部までしっかりカビが生えてしまっています。この状態でよくにおいを感じなかったものですね;

エアコンの掃除の様子

実際の高圧洗浄時の画像は取っていませんが、周りをしっかり養生シートでかこみ、さらにエアコンにカバーをかけて掃除をされていました。
高圧洗浄なので、音は結構します。

洗浄時の汚水はこちら。
f:id:el-1989:20200729092624j:plain
真っ黒です!
14、5Lの洗浄液を使用したとお話しされていたと思います。

汚れの内容はカビよりも主に埃だったそうで、我が家はLDK構成なので油汚れも付着しているかと思ったそうですが、どうやらキッチンの換気扇が優秀だったようで、それはあまりなかったようです。
キッチンの換気扇が弱い場合、LDKのエアコンは油汚れも注意した方がよさそうですね。

洗浄後のエアコン

f:id:el-1989:20200729092653j:plain
埃が落ちてすっかりきれいな状態になりました。


f:id:el-1989:20200729092658j:plain
吹き出し口のカビもきれいに落ちています。


f:id:el-1989:20200729092645j:plain
フィルターや自動お掃除機能用のダストボックス、エアコン外部も洗浄していただきました。
カビだらけだった風向板もすっかりきれいになっています。


組み立てまで終えたあとに教えていただいたのですが、ドレインホースが詰まり気味で水がまた溜まっていたそうです。
この時は水漏れはしていなかったのですが、このままだとまた水漏れや、水自体が腐り、臭いがしていただろうとのことでした。
エアコンの掃除を頼もうと思わなければ、またリビングが悲惨なことになっていたでしょう・・・

高圧洗浄時に何度かドレインホースのつまりをポンプで吸い込み、つまりも解消したのでしばらくは大丈夫とのことでしたが、

  1. フィルターのお手入れ
  2. 掃除時の埃をためるダストボックス

を、我が家の場合は定期的にお手入れするようアドバイス頂きました。

エアコンの性能を維持するためにはもちろん、ドレインホースが詰まらないようにするためにも必要とのことです。
自動お掃除付きの物でも、めんどくさがって掃除はさぼってはいけないとのことですね;
(我が家の場合はさぼりすぎですが・・・)

掃除前と掃除後に、同じ設定で風量と風の温度の測定を行われていましたが、掃除後は30%ほど改善しておりました。
なかなかですね!
(風量はもちろん増えていて、特に風の温度が25℃から22℃あたりまで下がっていたことに驚きました。)

作業時間は約4時間ほどで、クリーニング後は特に不具合もなく、今日もしっかりLDKを冷やしてくれています。
定期的にお手入れをしていれば3年ほど大丈夫とのことですので、3年後に様子を見て、またクリーニングを頼もうと思います。