引きこもり夫婦の家の話

平日は会社、休日は家に引きこもっている夫婦の家や生活のお話です。

立ち合い、面会禁止状態の出産入院準備について考える

f:id:el-1989:20200719182301j:plain
こんばんは、エルです。
現在妊娠9ヶ月の半ばに差し掛かり、出産予定日までは50日を切っている状態となりました。

そこで、そろそろ出産入院のための準備をしなければならないのですが、ネットで「出産入院 準備」と調べると、大体はあとから持ってきてもらう前提で最低限の荷物をまとめるような記事がたくさん出てきます。
しかし、私が分娩予定の病院では、新型コロナの影響で出産後の面会は禁止、一部緩和されていた立ち合いも、感染拡大の現状から禁止に戻ってしまいました。。。

つまり、あとから必要なものを誰かに持ってきてもらうという手段は今回使えないのです。

私自身今まで入院するような病気にかかったこともなく、入院の準備自体ももちろん初めて。
病院から必要な持ち物一覧は貰っていますが、ネットで調べる限りではこれだけじゃ足りないことが多いようなので、それを踏まえての持っていくものを考えていこうと思います。

病院で用意してもらえるもの

私の分娩予定の病院では、以下のものを用意していただけます。
・バスタオル
・シャンプー
・リンス
・ボディソープ
・スリッパ
・お箸
・コップ

※ここからはアメニティセット例とあるため、実際にはないものもあるかもしれません
・ブラシ
・コットン
・綿棒
・ヘアターバン
・ティッシュ
・小タオル
・シャワーキャップ
・歯ブラシ、コップ
・花びらせっけん
・産褥ショーツ(分娩直後用)
・お産パッド(L×5枚/M×20枚/S×20枚)
・乳帯
・母乳パッド
・赤ちゃん用おしりふき(80枚入り)

病院の規模的にはクリニックになるため小規模ですが、割と用意いただけるようです。
特にバスタオルはかさばるのでありがたいですね。

病院指定のもちもの

以下のものは、病院から入院時の持ち物リストとして指定されたものになります。
・母子手帳
・診察券
・健康保険所
・入院予約金預かり書
・パジャマ(前開き)
・洗面用具(洗顔料や化粧品等)
・ハンドタオル、フェイスタオル
・腹帯または骨盤ベルト
・下着
・産褥ショーツ
・飲み物

※ここからは退院時に必要なもの
・肌着
・長着
・ベビー服
・おむつ
・おむつカバー
・ガーゼハンカチ

病院側で割といろいろなものを用意いただける分、指定されている持ち物自体は少ないかなと思います。
赤ちゃん用品については、紙おむつを用意するためおむつカバーは不要、長着の代わりにコンビ肌着を持っていく予定です。

病院からの指定はないが、用意した方がよいと思われるもの

問題となるのはここからで・・・
現状を考慮したうえでもっていった方がよいものについて考えていきます。

・ペットボトルキャップ

寝ながら飲み物が飲めるようになる便利アイテム。
ネットで検索するとほぼ見るであろう、用意した方がいいアイテムのようです。

・飲み物

病院指定のもちものにもありますが、あちらはあくまで分娩入院時の飲み物のため、ここでは入院中の飲み物になります。
私が入院を予定している個室はフリードリンクがついていないタイプのため、入院中の飲み物は自分で用意する必要があります。
面会が禁止されていなければあとから持ってきてもらえるものになりますが、それができないので入院時に持ち込まなければなりません。

1日あたり1.5Lほど飲み物を飲むとして、500mLのペットボトルを3本×入院日数分用意する必要がありそうです。
内容としては、スポーツドリンク、お茶で1本ずつと、もう1本はジュース系にするかお茶にするか悩みます。。。

・お菓子類

こちらはネットでよく見る分娩時に食事が満足に取れないため、ゼリー飲料系やちょこちょこつまめるものを持参した方がよいとの意見から。
また、今回は入院中に何かつまみたくなったとしても、飲み物と同様入院中にあとから持ってきてもらえないので、入院中につまめるようなものをあらかじめ用意しておくとよいかなと思います。

私の病院も母子同室なのですが、夜中のお世話があると、小腹が減って何かつまみたくなるそうですね・・・
個別包装されているお菓子をメインにたくさん持っていこうかな。

・お産パッド、夜用のナプキン

病院からもいただけますが、足りない人もいるようなので念のため。

・母乳パッド

こちらもお産パッド同様病院からいただけますが、2回分と数が少ないため念のため。

・授乳クッション、ドーナツクッション

病院から借りられれば良いのですが、新型コロナの感染リスク軽減のため、貸し出ししていなさそうなのですよね・・・
これについては次回検診時に確認して、借りられるようなら用意しませんが、念のためリストアップしておきます。

・乳頭保護クリーム

はじめての授乳はとっても痛くて、乳頭が切れることもあるそうなので、あると便利とのことでした。
出産準備としてすでに購入済みなので、持っていこうと思います。

・ベビー爪切り

爪が伸びていて、生まれてからすぐ切りたい場合があるとのことなので。

・ボディシート

シャワーにはいれなかった際に便利とのことです。

・ティッシュボックス

小さめのものは病院で用意していただけるようですが、足りなくなる方が多いようなので1箱あれば安心でしょうか。

・ウエットティッシュ

アルコールフリーのものだと赤ちゃんにも使えるため、こちらもあると便利とのことです。

・ナイロン袋

ゴミや下着など、ちょっとしたものを入れる際に便利とのこと。

・ピンチハンガー

分娩予定の病院にはコインランドリーがありません。
そのため入院日数分下着を用意するか、手で洗って部屋で干すかの二択になるのですが、入院日数分の下着を用意するのは大変なので、手で洗って干す予定です。
幸いにも個人部屋で、洗面台は各部屋にあるため、下着やハンドタオル程度ならどうにか洗濯できるだろうと思っています。
洗剤は花びらせっけんで代用しようかと思いますが、別途ハンドソープを持参するか悩みます。

・マスク

入院時に持参した1枚では足りないと思われるので、何枚か用意したほうがよさそうです。

・着圧ソックス

こちらもネットでよく見るものになります。
個人的にあまり脚のむくみがわからないのですが、念のため用意しておくとよし?

・Surface Pro6

誰も面会に来れないため、暇になった際アマゾンプライムビデオやYouTubeでも見ようかと・・・
また、ネットで何か調べ物をしたとき、大画面のほうが見やすいかと思うので。
あとは、ZOOMを入れて夫とビデオ通話なんかも良いかもしれません。

・延長コード

コンセントがベッド近くにあるとは限らないそうで、スマホをベッドで充電できるようにするためにあれば便利らしいです。

・スマホ、Surface Pro用の充電ケーブル

特にスマホの方は、電池がきれると連絡も取れなくなるため必須です。


病院側である程度用意してもらえるとはいえ、リストアップするとかなり大量になってしまいました・・・
実際に用意しだした際さらに増える可能性はありますが、面会禁止の中、快適な入院生活を送るためにも、しっかり準備して挑みたいと思います。
実際に用意したものについては後日ブログにまとめようと思いますので、よければまた見てくださいね。