引きこもり夫婦の家の話

平日は会社、休日は家に引きこもっている夫婦の家や生活のお話です。

ダスキンにハウスクリーニングを依頼しました

f:id:el-1989:20200713150951j:plain
こんばんは、エルです。

不用品の回収が完了しました』の最後にちらっと書いていましたが、水回りの掃除をダスキンに依頼すべく、無料見積もりをお願いしました。
そして、実際に掃除してほしい場所を確認して見積もってもらった結果、最終的に予想していた金額よりかなり下がったので、そのまま作業依頼まで行いました。

今回はその時の様子や提案された内容、実際の見積もり金額について書いていきます。

見積もり依頼をしたのはハウスワイドサービス

今回無料見積もりの依頼自体は「ハウスワイドサービス」というプランで依頼しています。
ハウスワイドサービスというプランですが、大掃除や引っ越し、新築、改装時などにおすすめとあるように、キッチンや浴室、トイレや洗面所といった水回り全般に加え、窓ガラスやサッシ、網戸等も掃除してくれる、家じゅう丸ごとお掃除プランになっています。
さらにプラスで各部屋の掃除器がけや天井、壁、照明のダスティング、畳、スイッチプレート、ドアの拭き上げまで行ってくれるプランもあり、料金はそれらをまとめた一式セット価格となっているので、単体でクリーニングを頼むよりもお得なものとなっています。

※ご興味がある方はこちらをご確認ください。
www.duskin.jp

料金については依頼する地域(S、A、Bの3つ)、家のタイプ(戸建て、マンション)ごとに分かれ、さらに部屋のタイプや面積ごとに値段が細かくわかれており、地域区分がAで戸建て4LDKの我が家の場合、基本料金は139,700円となります。
また、このプランはあくまでセットになっている個所のお掃除の部分だけなので、エアコンの掃除は含まれておらず、今回はそれも依頼したかったので、プラスで25,300円(フィルター自動お掃除機能付きのエアコンはちょっと高いです・・・)かかるものとみて、約170,000円ほどかかるものと考えていました。

実際の見積もりの様子

ダスキンHPの無料見積もりからお問い合わせし、我が家の近くの店舗から電話で見積もり日の調整を行いました。
電話がかかってこないとの口コミを見ましたが、次の日の希望時間内に電話を頂きました。

当日は実際に電話された方がこられ、マスクの着用とスリッパも持参されたものを履かれていました。

依頼時は「ハウスワイドサービス」のプランで依頼していましたが、見積もりの日を決める電話の際も、実際の見積もり時もあくまで「今困っているところはどこか」という点について話が進んでいきました。
なので、困っている点を確認すべく改めて掃除してほしい水回りとエアコンをまわり、材質や汚れを確認していきました。

その際、
・浴室では、「この汚れは主に水垢なので、酸性の洗剤で汚れを落とす」
・ステンレスシンクでは、「ステンレスの目に沿って掃除していく」
・レンジフードでは、「油汚れなのでアルカリ性の洗剤で汚れを落としたいところだが、レンジフードにフッ素加工がされているので加工が取れるおそれがあるので、中性洗剤で汚れを落としていく」
というように、素材を傷つけないようにしながらどのように掃除していくかの説明を受けながら、回って行きました。

この時、時々汚れに対して持参された薬液で擦り、汚れの内容も確認しながら、どこまで汚れが落とせるかという点や、素材を痛めないように掃除するため落とせない部分も出てくる可能性がある点についても説明を受けました。
その場合は、これ以上汚れを取る場合は傷がつく恐れがあるが、どこまで掃除するかというような内容を当日聞いてくださるとのことです。

その他、特に洗面所とトイレでは、24時間換気扇の埃やその周りの壁紙が黒ずんでいる点について相談しましたが、そこも掃除してもらえるとのことです。
ただ、換気扇に関しては、奥の方までの掃除となるとかえって埃が飛んできたりして汚れが目立つそうなので、表面と羽根をきれいにするぐらいしかできませんとのことでした。
私としては壁紙の黒ずみが特に気になっていたので、その汚れが取れることと、表面の埃は綺麗にしてもらえるので、問題はなかったです。

入居当初からこういうフィルターに頼れば多少マシだったかもしれませんが・・・


また、洗面台をメラミンスポンジで掃除していることを話した際も、「プラスチック系の素材は傷がつくのでやめた方がいい」という注意もお話されました。
(確かにメラミンスポンジは削って汚れを落としますからね・・・)

ハウスクリーニングについては、以前住んでいたマンション退去前にトイレと浴室のみ別業者にお願いしたことがありますが、その時は、汚れは十分落ちるという点しか説明がありませんでした。
その点、今回のように、しっかり汚れの内容やものの材質を確認しながら適切な掃除を心掛ける点についてはさすが大手だなと感じました。

見積もり料金について

一通り依頼したい個所を回り、汚れや材質を確認した後、今回依頼していたハウスワイドサービスについての説明を受けました。
大掃除とありますが、どちらかというと引っ越し前後のハウスクリーニング向けのプランとなっていて、今回であれば単体で依頼された方が安くなるし、1ヶ所ごとにしっかり時間をかけて掃除ができるとのことでした。

そこで、窓の掃除は自分たちで頑張るとして、依頼個所を単体で見積もってもらった結果、特にキッチンではシンク部以外は自分でも掃除している為目立った汚れがなかったこともあり、シンクのみの掃除(話を聞く限りでは水栓と、ワークトップすべてではないが、シンク周りも含めてやってもらえるそうです)とななって、合計102,520円でした。
そこから少し割り引いてもらい、最終は98,000円と100,000円をきる見積もりとなりました。

ハウスクリーニング個所は以下の通りです。
・キッチンレンジフード
・シンク
・トイレ(2ヶ所)
・浴室(エプロン掃除付き)
・洗面所
・エアコン

また、1日でこれだけの掃除はできないため、2日に分けて掃除することを提案していただきました。
(エアコンだけでも分解して掃除するため、4時間ほどかかるそうです。)

2日に掃除がまたがってしまいますが、基本的に素材を傷つけないように薬液メインで掃除を行うため、取り切れなさそうな頑固な汚れに対し、あらかじめつけ薬液を置きしておける薬液での掃除回数が増やせる等のメリットがあるそうで、1日で仕上げてもらう必要性もなかったため、今回は2日かけて掃除してもらうようお願いしました。
このような、しっかり時間をかけて掃除してくれるような提案は大変ありがたいです。

早くても汚れが残ってしまうなら、ハウスクリーニングを依頼した意味がありませんので・・・



作業日については、今すぐというよりも、出産予定に近い方が(綺麗さを保てるので)いいのではないかと提案いただき、7月の下旬に決まりました。
今回はハウスクリーニング後、掃除前、掃除後の様子を含めてブログにまとめようと思いますので、よければまた見てくださいね。