引きこもり夫婦の家の話

平日は会社、休日は家に引きこもっている夫婦の家や生活のお話です。

不用品回収業者を決定しました

こんにちは、エルです。
不用品回収の見積もりを依頼しました』でお話ししましたが、依頼した3社すべての見積もりが完了しました。
そして、検討した結果実際に依頼することとなり、7月上旬で日程の調整も終わりました。

回収対象は『不用品について』で書きだしたものに加え、かばんや靴、ハンガー等細々したものが増えましたが、古着やかばん、靴といったものは自治体の可燃ゴミで回収できることを知り、そちらで出したため回収対象は少し減りました。
その代わり、可燃ごみとして40Lのゴミ袋7袋分のゴミを捨てるのは大変でしたが・・・
(現在住んでいる自治体ではゴミ袋が指定されており、一番大きなサイズが40Lです。)

回収品のお話はここまでにして、ここからは実際に見積もりまでの調整時や見積もり場面で感じたことをまとめていきます。

〇A社

会社について

メディアでも紹介されるような、割と有名な不用品回収業者かと思います。
不用品回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理等の回収業から、不動産売却、引っ越し、リフォーム、解体工事といった内容まで幅広いサービスを行っているようです。

無料見積もりについて

お問い合わせフォームから無料見積もりの依頼を行いました。
メールアドレスもしくは電話番号のどちらかを記載すればよいとのことだったため、てっきりメールでやり取りできるものと思い、電話番号は記載しませんでしたが、メールで連絡来た際は直接会話して調整したいとのことで、結局電話番号を伝える必要がありました。
メールを返す必要があった分手間だと感じ、この点に関しては少し残念でした。
メール本文や直接電話で会話した感じででは、男性だったのですが、丁寧な対応でした。

現地での無料見積もりに来られた方はメールや電話で調整した方とは異なる方でしたが、主任の方がこられました。
名刺をいただき、マスクの着用はもちろん、家に上がる前に持参したアルコール消毒で除菌されての訪問です。
新型コロナウイルスで大変なご時世ですので、この対応は好印象でした。

見積もりに関しては、一通り回収してほしい不用品を見てもらった後に1.5tトラック詰み放題プランを提案頂きました。作業人数は2名です。
はっきりした対応で、こちらの質問にもしっかり答えて頂けました。
見積もり書は税抜き価格での提示で、税込み価格にすると60,500円でした。
個別でも計算できるが、今回は量が多いので高くなるとのこと、軽トラのプランもあるが、そちらでは大型の家具があるため心もとないとのことで、こちらを案内されました。
このプランについては、分別、運搬、撤去すべてを含んでこの価格とのことです。
我が家へは道が狭く、家の前にトラックがつけられないのですが、その分の運搬費は結構ですとのことで、上乗せされない点はありがたかったです。
また、詰め放題プランの為、後日不用品が増えても詰められる分については回収できることと、現時点でも1.5tトラックで十分足りること、あまりにもトラックに空きができた場合はその場で差額を値引きしてもらえるとのことでした。

〇B社

会社について

メディアでは紹介されていないようで、googleでの検索時も上位に出ないため、割とマイナーな不用品回収業者かと思います。
不用品回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理の回収業から、不動産売却、解体工事、ハウスクリーニングのサービスを提供されているようです。
HPでスタッフ紹介ページがあり、顔出しされておられる点については、自信をもって仕事をされているという点で好印象でした。

無料見積もりについて

お問い合わせフォームからの無料見積もりの依頼を行いました。
お問い合わせフォーム内で電話かメールの連絡方法を選択できるようになっており、メールを選択したところ、やり取りはすべてメールでの連絡で、やり取り自体も丁寧な対応でした。
電話に受けれない方もおられると思うので、連絡方法が選択できるのは大変ありがたいと感じました。

現地での無料見積もりに来られた方はメールで直接連絡していた方で、営業部長の男性の方でした。
名刺をいただき、マスクを着用されての訪問です。

見積もりに関しては、一通り回収してほしい不用品を見てもらった後にそれらが詰め込めるトラック、人員を計算し、料金を提示されました。
はっきりした対応で、こちらの質問にもしっかり答えて頂けました。
見積もりは税込み価格で67,100円で、内訳はチャーターするトラック(2tより少なめとのことでした)、人件費(作業人数2名)、運搬費の合計です。
今回仕分け梱包は不要なためその部分は今回カットされていましたが、そこが一番高いようです。
基本的には今回見てもらったもののみ回収対象になるようでしたが、サービスで45Lの袋10袋分までは持って行ってくれるとのことでした。
見積書はよく回収依頼されるであろう家電や家具等が印字され、きちんと回収する不用品をカウントされたうえでの見積もりとなっており、きちんとされている印象でした。

〇C社

会社について

メディアでも紹介されるような、割と有名な不用品回収業者かと思いますが、A社ほどではなさそうです。
不用品回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理の回収業から、ハウスクリーニング、墓石洗浄、クリーニングのサービスを提供されているようです。
墓石のクリーニングは珍しいなと感じました。

無料見積もりについて

お問い合わせフォームからの無料見積もりの依頼を行いました。
こちらに関しては、お問い合わせ後はすべて電話でのやり取りで、男性だったのですがぱっぱと話す印象、そして軽く冗談も交える方でした。
苦手な方は苦手だと感じるタイプだと思います。私も「とりあえず100万円と言っときますね(笑)」と言われた際、そこまでいかないと思うのですが・・・とつたえると、「じゃぁ90万円で(笑)」と返ってきたときは苦笑でした。

現地での無料見積もりに来られた方は電話とは別の方でした。
名刺を頂いていないためどのような方かわかりませんが、マスクを着用されての訪問です。

見積もりに関しては、一通り回収してほしい不用品の写真を撮り、その場では料金を提示せずにいったん戻られた後電話で料金を提示されました。
はっきりとまではいかないものの、こちらの質問にも答えて頂けましたが、作業人数は2人と質問内容だけですね、その場でわかったことといえば。。。
見積もりは88,000円で、こちらに関しては税込み、税抜きかはわかりません。
C社もパッケージプランはありましたが、現地見積もりでそれには乗り切らないとのことで、実際に使用されるトラックの大きさの話は全くなく、内訳が全く分かりません。
料金も高かったため、不信感を抱きました。

実際に選んだ業者

Cは即決で対象から外しました。もともとHPで実績を見る限りでは値段が高そうだということは予想していましたが、足元を見られている感がすごくします。
即日回収も可能ですが、その際はもっと高くなるだろうと思われたため、今後も依頼はしないでしょう。

残るはA社かB社なのですが、こちらは正直迷いました。もっと安いところはあるのでしょうが、どちらも私たちなりに納得できる値段だったためです。
6,600円ほどA社のほうが安いのですが、1.5tトラックの大きさがあまりイメージできず、45Lの袋というイメージしやすい量をサービスで回収してくれるというB社も惹かれました。

ただ、やはり「なんでも詰められる」という点は大きく、家具はこれ以上ないと思いますが、万が一増えた場合に、料金はそのままで回収してもらえるのはA社だけです。
このことから、今回はA社に正式依頼をしました。


今回は合い見積もり後に値下げ交渉をする気はなかったので、他社の値段は伏せたうえで足元を見られた価格ではないか、納得できる内訳や説明、価格であるかという点についてを主として「合い見積もり」を初めてやってみましたが、今回の見積もりから、次回また依頼しようと思える業者もわかったので、やってよかったなと思いました。

また、複数業者から見積もりを取った後の断りの連絡も行いましたが、C社から言われるまでしないものだと思っていたため、勉強になりました・・・
(C社から、「ほかの業者からも見積もりが出たら一度連絡いただけますか?」と言われたため、つい「値引き交渉させていただけるんですか?」と返してしまい、自分の無知さに恥ずかしかったです・・・)